• 【全面禁煙のお知らせ】
     平成26年 5/1(木)より、当館では全面禁煙となります。
     お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解ご協力、宜しくお願い申し上げます。

now showing

3.21sat 4.3fri

 2週間上映 

   Interstellar

インターステラー 公式サイトへ

必ず、帰ってくる。
それは宇宙を超えた父娘の約束---------。

【解説】 明日も、1年後も10年後も、いや100年後だって、地球は今と変わらずあると思っていませんか-------?
これは、地球の寿命が尽きかけていることを知った人類の物語。人類は存亡を懸け、そして愛する者の未来を守るために、新たな星を探すことを決意する。生きて帰れるかわからない、重大な使命を担った宇宙への旅に選ばれたのは、まだ幼い子供をもつ父親だった。「どうしてパパが行くの?」 人類を救うために行くべきか、父親として残るべきか-------。彼に言えたのはただひとこと、「・・・・・必ず帰ってくるよ」

【監督】クリストファー・ノーラン 【脚本】クリストファー・ノーラン/ジョナサン・ノーラン
【製作】エマ・トーマス/クリストファー・ノーラン/リンダ・オブスト

【出演】マシュー・マコノヒー/アン・ハサウェイ/ジェシカ・チャスティン/マイケル・ケイン

2014年/アメリカ/2時間49分/35mmフィルム上映

   JERSEY BOYS

夢、栄光と挫折------------
それでも僕らは歌い続ける。

【物語】 成功から一番遠い場所で、伝説は生まれた--------。彼らが生まれたのは、犯罪が日常茶飯事の、ニュージャージーで最も貧しい地区。そこから抜け出すには、軍隊に入るか、ギャングになるか、スターになるしかなかった。金も、コネもない彼らにあったのは、神から与えられた歌声と、曲を作る才能、そして見事に息の合った完璧なハーモニー。それだけを武器に、4人の若者はスターダムにのし上がった。しかし、強い光には濃い影が差す。待っていたのは、栄光の果ての挫折・・・・・。それでも彼らは歌い続けた。

【製作・監督】クリント・イーストウッド

【出演】ジョン・ロイド・ヤング/エリック・バーゲン/マイケル・ロメンダ/ビンセント・ピアッツァ
         クリストファー・ウォーケン

2014年/アメリカ/2時間14分/DCP上映

ジャージー・ボーイズ 公式サイトへ

上映時間

【1週目】3月21日(土) 〜 3月27日(金)

ジャージー・ボーイズ 1週目は終了しました。
インターステラー

【2週目】3月28日(土) 〜 4月3日(金)

インターステラー   12:00 17:35
ジャージー・ボーイズ 9:30 15:05 20:40 〜 終映23:00
  • 【注意】1週間ずつで作品の時間が変わりますのでご注意ください
  • ※前売り鑑賞券はご利用いただけません。当館券売機発行による当日券のみの営業になります。
    ※本編開始15分後のご入場はできません。

coming soon

4.4sat 4.10fri

 1週間上映 

ハッシュ! 公式サイトへ

21世紀的、子作り宣言。
1本の傘からはじまり2本のスポイトを経て彼らは--------!?

【物語】 ペットショップで働く直也(高橋和也)は、気ままなゲイライフを送りながらも人生に何か物足りなさを感じていた。土木研究所で働く勝裕(田辺誠一)は、ゲイであることを隠している。同僚の女性に好意を寄せられるが、それさえ拒めない優柔不断な自分を情けなく思っている。歯科技工士の朝子(片岡礼子)は、人との関わりをアキラメたような生活を送っていた。好きでもない男とセックスして、空っぽの気持ちを誤魔化すのだった。 付き合いはじめた直也と勝裕。しかし偶然出会った朝子の出現で、彼らの平穏にいくかに見えた関係が揺れ動きはじめる。朝子は勝裕がゲイと知ったうえで、ある相談を持ちかけた。「結婚とか、付き合うとかでなく、子供がほしいの」と。 その朝子の決意は、直也と勝裕、そして個々の家族の心に大きな波紋を起こしていく。そのなかで3人は、みずからの人生をどう選びとっていくか、決断するときを迎えていた。

【監督・原作・脚本・編集】橋口亮輔

【出演】田辺誠一/高橋和也/片岡礼子
         秋野暢子/冨士眞奈美/光石研/斉藤洋介/深浦加奈子/つぐみ
         沢木哲/岩松了/寺田農

2001年/日本/2時間15分/35mmフィルム上

  • 第54回カンヌ国際映画祭 監督週間正式招待作品
    第74回キネマ旬報ベスト・テン第2位  キネマ旬報賞 - 主演女優賞 (片岡礼子)
    ブルーリボン賞 - 主演女優賞 (片岡礼子)
    報知映画賞 - 主演男優賞 (田辺誠一)
    ヨコハマ映画祭 - 最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞 (田辺誠一)

めんどうくさいけど、いとおしい。
いろいろあるけど、一緒にいたい。
何があっても離れない、一組の夫婦の10年の物語。
ずっと心にとどまり続ける、ささやかだけど大きな愛の物語。

【物語】 何事もきちんとしたい妻・翔子と、ひょうひょうと生きる法廷画家の夫・カナオ。どこにでもいる夫婦のふたりにおとずれるさまざまな困難・・・・・・・初めての子供の死、妻のうつ。それでもふたりは一つずつ一緒に乗り越え生きていく-----------90年初頭から9.11テロに至るまでの10年のあいだ、実際に起きた社会事件を背景に、どんなことがあっても決して離れない一組の夫婦の時の流れを、丁寧に、心にしみいるように紡ぐ物語。この夫婦の”ぐるり(自分の身の周り。自分をとりまく様々な環境)”を通して、彼ら夫婦の10年、そしていまを生きる私たちの10年が描かれます。人と人とのつながりから生まれる”ささやかだけど大きな幸せと希望”を映し出し、何十年先も心に残る珠玉の名作が誕生しました。

【原作・脚本・編集・監督】橋口亮輔

【出演】木村多江/リリー・フランキー
         倍賞美津子/寺島進/安藤玉恵/八嶋智人/寺田農/柄本明
         木村祐一/斎藤洋介/温水洋一/峯村リエ/山中崇/加瀬亮/光石研
         田辺誠一/横山めぐみ/片岡礼子/新井浩文

2008年/日本/2時間20分】/35mmフィルム上映

  • 第23回高崎映画祭:最優秀作品賞、最優秀主演女優賞
    第51回ブルーリボン賞:主演女優賞、新人賞
    第63回毎日映画コンクール:日本映画優秀賞、脚本賞
    第32回日本アカデミー賞:最優秀主演女優賞
    第13回日本インターネット映画大賞:主演女優賞
    第18回東京スポーツ映画大賞:主演女優賞
    第33回報知映画賞:監督賞
    第32回山路ふみ子映画賞:山路ふみ子映画賞
    第18回日本映画批評家大賞:新人男優賞
    映画館大賞「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」第2位
ぐるりのこと。 公式サイトへ

上映時間

4月4日(土) 〜 4月10日(金)

ぐるりのこと。   12:40 17:45
ハッシュ! 10:10 15:15 20:20 〜 終映22:40

4.11sat 4.24fri

 2週間上映 

『アバウト・タイム』

『グランド・ブダペスト・ホテル』