• 【新型コロナウイルス感染予防対策のお知らせ】
       当劇場は「映画館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(令和2年11月25日版)」に沿って、感染拡大予防に努めております。  詳しくは<こちら>をご覧ください。

    • 【お食事について】
       目黒シネマでは《客席内でのお食事》はご遠慮いただいております。《お食事をされるお客様はロビーをご利用ください》。ご不便をお掛け致しますが宜しくお願い申し上げます。

    • 【お酒の持ち込みについて】
       目黒シネマではお酒の持ち込みはご遠慮いただいております。ご不便をお掛け致しますが宜しくお願い申し上げます。


    now showing

    7.24sat 7.30fri

     1週間上映 

    『ワンダーウーマン1984』公式サイトへ

    【物語】 スミソニアン博物館で働く考古学者ダイアナ(ガル・ガドット)には、ヒーロー界最強とも言われる桁外れのスーパーパワーを秘めた戦士・ワンダーウーマンというもう一つの顔があった。1984年、人々の欲望を叶えると声高に謳う実業家マックス(ペドロ・パスカル)の巨大な陰謀と、彼女の前に立ちはだかる正体不明の敵チーター(クリステン・ウィグ)と対峙することになったワンダーウーマンは、絶体絶命のピンチに陥る。ワンダーウーマンは、たった一人で世界を崩壊から救うことはできるのか?最強の女戦士の活躍を描くアクション「ワンダーウーマン」(2017)の続編。監督は前作に引き続き、「モンスター」のパティ・ジェンキンス。出演は、「ジャスティス・リーグ」のガル・ガドット、「オデッセイ」のクリステン・ウィグ、「スター・トレック」シリーズのクリス・パイン、「フォレスト・ガンプ 一期一会」のロビン・ライト。

    【監督】パティ・ジェンキンス
    【脚本】デイヴ・キャラハム / ジェフ・ジョンズ / パティ・ジェンキンス

    【出演】ガル・ガドット / クリステン・ウィグ / クリス・パイン / ペドロ・パスカル / コニー・ニールセン / ロビン・ライト 他

    2020 / アメリカ / SF / アクション / 冒険 / 字幕版 / デジタル / 2時間31分

    【物語】 1960年代。ある豪華ホテルに、誰よりもおしゃれで上品な女性が現れる。その美しい外見の彼女の正体は、誰よりも危ない邪悪な大魔女グランド・ウィッチ(アン・ハサウェイ)だった。実は魔女たちは世界中に潜んでおり、人間のふりをしながら暮らしている。魔女たちはいつまでも若く、いつも帽子と長い手袋を身につけており、おしゃれが大好き。そして時々密かに人間に邪悪な魔法をかけている。誰にも気付かれずに普通に暮らす彼女たちだったが、その正体に気付いた人間は動物に変えられてしまっていた。そんな魔女たちの頂点に立つ大魔女が、彼女たちを集めある計画を企てる中、偶然魔女の集会に紛れ込んだ少年が計画を知ってしまい……。「チャーリーとチョコレート工場」の原作者ロアルド・ダールの児童書をロバート・ゼメキス監督が映画化したファンタジー。「シェイプ・オブ・ウォーター」のギレルモ・デル・トロ監督、「ROMA/ローマ」のアルフォンソ・キュアロン監督が製作に参加している。恐ろしい大魔女グランド・ウィッチを「マイ・インターン」のアン・ハサウェイが演じるほか、「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のオクタビア・スペンサー、「プラダを着た悪魔」のスタンリー・トゥッチらが出演。

    【監督】ロバート・ゼメキス
    【脚本】ロバート・ゼメキス / ケニヤ・バリス / ギレルモ・デル・トロ
    【原作】ロアルド・ダール
    【製作】ギレルモ・デルトロ / アルフォンソ・キュアロン / ロバート・ゼメキス / ジャック・ラプケ / ルーク・ケリー

    【出演】アン・ハサウェイ / オクタビア・スペンサー / スタンリー・トゥッチ / ジャジール・ブルーノ / コーディー=レイ・イースティック / クリスティン・チェノウェス 他
    【出演(声)】クリス・ロック

    2020 / アメリカ / コメディ / ファンタジー / ファミリー / 字幕版
    / デジタル / 1時間44分

    『魔女がいっぱい』公式サイトへ

    上映時間


    coming soon

    7.31sat 8.6fri

     1週間上映 

    『あのこは貴族』公式サイトへ

    【物語】 都会に生まれ、箱入り娘として何不自由なく育った華子(門脇麦)は、結婚こそが幸せと信じて疑わなかったが、結婚を考えていた恋人に振られてしまい初めて人生の岐路に立つ。気付けば20代後半になっており、同じ名門女子校に通った同級生たちの結婚や出産をした話を聞くたびに焦りを募らせていた。そして華子は様々な手立てを使ってお相手探しをするうちに、良家の生まれでハンサムな弁護士・青木幸一郎と出会い結婚が決まるが……。一方、富山で生まれた美紀(水原希子)は猛勉強の末に慶應大学に入学し上京。学費のために夜の世界も経験したものの、中退した。恋人はなく、仕事にやりがいを感じておらず、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。都会に生まれた箱入り娘の華子と、地方から上京し自力で都会を生き抜く美紀。同じ都会で暮らしながらも出会うはずもなかった2 人の人生が交差し、2人は自分の居場所を見つめ、恋愛や結婚だけではない自分の人生を切り開こうとする。山内マリコの同名小説を基にした、「グッド・ストライプス」で新藤兼人賞金賞を獲得した岨手由貴子監督による人間ドラマ。結婚こそが幸せと信じていた箱入り娘・華子を同じく山内マリコ原作の「ここは退屈迎えに来て」に出演した門脇麦が、上京組ながら都会にしがみつく意味を見いだせない美紀を「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」などに出演、モデル・デザイナーとしても活動する水原希子が演じ、違う階層に生きる女性たちの葛藤と成長を描く。

    【監督・脚本】岨手由貴子
    【原作】山内マリコ:(「あのこは貴族」(集英社文庫刊))
    【プロデューサー】西ヶ谷寿一 / 西川朝子 / 宮本綾

    【出演】門脇麦 / 水原希子 / 高良健吾 / 石橋静河 / 山下リオ / 佐戸井けん太 / 篠原ゆき子 / 石橋けい / 山中崇 / 高橋ひとみ / 津嘉山正種 / 銀粉蝶 他

    2020 / 日本 / ドラマ / デジタル / 2時間04分

    【物語】 ちひろ(芦田愛菜)の父(永瀬正敏)と母(原田知世)は娘にたくさんの愛情を注いで育てていたが、病弱だった幼少期のちひろを治した怪しい宗教を深く信仰していた。中学三年生になったちひろは、新任のイケメン先生に一目惚れする。しかし、夜の公園で奇妙な儀式をする両親の姿を先生に見られてしまう。そして、そんな彼女の心を大きく揺さぶる事件が起こり、ちひろは家族とともに過ごす自分の世界を疑いはじめる……。子役から成長した芦田愛菜が2014年公開の「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」以来の実写映画主演を果たし、第157回芥川賞候補にもなった今村夏子の同名小説を「日日是好日」の監督・スタッフが集結し映画化。監督は、「さよなら渓谷」「日日是好日」の大森立嗣。出演は、「カツベン!」の永瀬正敏、「あいあい傘」の原田知世。

    【監督・脚本】大森立嗣
    【アニメーション演出・作画】香月邦夫
    【原作】今村夏子:(「星の子」朝日文庫:朝日新聞出版刊)

    【出演】芦田愛菜 / 永瀬正敏 / 原田知世 / 岡田将生 / 大友康平 / 高良健吾 / 黒木華 / 蒔田彩珠 / 粟野咲莉 / 新音 / 池谷のぶえ / 池内万作 / 宇野祥平 / 見上愛 / 赤澤巴菜乃 / 田村飛呂人 / 大谷麻衣 他

    2020 / 日本 / ドラマ / デジタル / 1時間49分

    『星の子』公式サイトへ

    上映時間 ★近日発表!