【全面禁煙のお知らせ】
     平成26年5月1日(木)より、当館では全面禁煙となります。
     お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解ご協力、宜しくお願い申し上げます。

now showing

6.24sat 6.30fri

 1週間限定上映 

PG12

『マリアンヌ』公式サイトへ

運命で結ばれた2人。「ある疑惑」の先にある衝撃と感涙の結末は――
ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール共演。

【物語】 1942年、カサブランカ。マックスとマリアンヌは極秘諜報員とフランス軍レジスタンス。 決して交わることのない人生を歩んでいた2人を、ある重大なミッションが引き合わせる。それは、夫婦を装い、敵の裏をかいてドイツ軍大使を狙うという作戦だった。そして迎えた終戦。ロンドンで再会した2人は、決して人に言えない“ある秘密”を抱えていた……。

【監督】ロバート・ゼメキス

【出演】ブラッド・ピット/マリオン・コティヤール/ジャレッド・ハリス/サイモン・マクバーニー/リジー・キャプラン 他

2016/アメリカ/字幕版/デジタル/2時間4分/PG12

PG12

70年前、家族を殺したナチスを探せ。
ラスト5分の衝撃―すべての謎が解き明かされるとき、あなたの観ていた世界は一転する

【物語】 物忘れが進行している90歳のゼヴは友人のマックスから手紙を託される。「君が忘れても大丈夫なように全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい――」二人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチス兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り現在も生きているという。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴは単身で復讐を決意。託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つが…。

【監督】アトム・エゴヤン

【出演】クリストファー・プラマー/ブルーノ・ガンツ/ユルゲン・プロホノフ/ハインツ・リーフェン/ヘンリー・ツェニ―/ディーン・ノリス/マーティン・ランドー  他

2015/カナダ=ドイツ/字幕版/デジタル/1時間35分/PG12

『手紙は憶えている』
公式サイトへ

上映時間

6月24日(土) 〜 6月30日(金)

マリアンヌ 11:00 15:10 19:20 〜 終映21:30
手紙は憶えている 13:20 17:30
『マリアンヌ』『手紙は憶えている』:PG12指定作品。小学生のご鑑賞は助言・指導が必要です。


coming soon

7.1sat 7.7fri

 1週間限定上映 

PG12

『たかが世界の終わり』公式サイトへ

愛が終わることに比べたら、たかが世界の終わりなんて。
〈愛と葛藤〉を描き続けたグザヴィエ・ドラン監督が、今度は〈家族〉をどう描くのか?
第69回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品

【物語】 「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気作家のルイ。母のマルティーヌは息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌは慣れないオシャレをして待っていた。素っ気ない兄と、彼の妻。一同がテーブルを囲む中、何かを打ち明けようとするルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる…。

【監督・脚本】グザヴィエ・ドラン
【原作】ジャン=リュック・ラガルス「まさに世界の終わり」

【出演】ギャスパー・ウリエル/レア・セドゥ/マリオン・コティヤール/ヴァンサン・カッセル/ナタリー・バイ 他

2016/カナダ・フランス合作/字幕版/デジタル/1時間39分/PG12

R15+

モデル業界に渦巻く漆黒の野心。今、美にとり憑かれた悪夢が幕を開ける。
美と官能と裏切りの女たちの世界!『ドライヴ』のレフン監督最新作。

【物語】 誰もが目を奪われる特別な美しさに恵まれた16歳のジェシーは、トップモデルになる夢を叶えるために、田舎町からロスへとやって来る。すぐに一流デザイナーやカメラマンの心をとらえるチャンスをつかむジェシーを、ライバルたちが異常な嫉妬で引きずりおろそうとする。やがて、ジェシーの中に眠る激しい野心もまた、永遠の美のためなら悪魔に魂も売り渡すファッション業界の邪悪な毒に染まっていく――。

【監督】ニコラス・ウィンディング・レフン

【出演】エル・ファニング/カール・グルスマン/ジェナ・マローン/ベラ・ヒースコート/アビー・リー/クリスティナ・ヘンドリックス/キアヌ・リーヴス 他

2016/フランス、デンマーク、スウェーデン/字幕版/デジタル/1時間58分/R15+

『ネオン・デーモン』
公式サイトへ

上映時間

7月1日(土) 〜 7月7日(金)

たかが世界の終わり 11:00 15:20 19:35 〜 終映21:20
ネオン・デーモン 13:00 17:20
『たかが世界の終わり』:PG12指定作品。小学生のご鑑賞は助言・指導が必要です。
『ネオン・デーモン』:R15+指定作品。15歳以上のお客様がご覧になれます

7.8sat 7.14fri

 1週間限定上映 

『わたしは、ダニエル・ブレイク』公式サイトへ

人生は変えられる。隣の誰かを助けるだけで。
カンヌ国際映画祭 パルムドール(最高賞)受賞作品

【物語】 イギリスで大工として働く59歳のダニエルは、突如心臓の病におそわれ医師から働くことを止められる。国の援助を受けようとするが、複雑な制度に押し潰されそうになる。そんな中、シングルマザーのケイティと出会い、二人の幼い子供を抱えて仕事もない彼女を何とか手助けするダニエル。やがて彼らの間に、家族のような温かな絆が生まれていく。

【監督】ケン・ローチ 【脚本】ポール・ラヴァティ

【出演】デイヴ・ジョーンズ/ヘンリー・スクワイアーズ/ディラン・フィリップ・マキアナン/ブリアナ・シャン/ケイト・ラッター/シャロン・パーシー/ケマ・シカズウェ 他

2016/イギリス、フランス、ベルギー/字幕版/デジタル/1時間40分

第69回カンヌ国際映画祭 パルムドール(最高賞)受賞

娘エリザのため、ロメオはコネ社会のあらゆるツテを使い裏工作に走る。
果たして、娘が手にする未来とは―。緊張感みなぎる5日間の物語。

【物語】 医師ロメオには、イギリス留学を控える娘エリザがいる。ある日、エリザは白昼人通りもあるなかで暴漢に襲われてしまう。大事には至らなかったが、動揺は大きく、留学に関わる卒業試験に影響を及ぼしそうだ。ロメオは娘の留学をかなえるべく、ある条件と交換に娘の試験合格のため奔走するが…。

【監督・脚本】クリスティアン・ムンジウ

【出演】アドリアン・ティティエニ/マリア・ドラグシ/リア・ブグナル/マリナ・マノヴィッチ/ヴラド・イヴァノフ  他

2016/ルーマニア、フランス、ベルギー/字幕版/デジタル/2時間08分

第69回カンヌ国際映画祭 監督賞受賞作品

『エリザのために』
公式サイトへ

上映時間

7月8日(土) 〜 7月14日(金)

わたしは、ダニエル・ブレイク 11:00 15:20 19:40 〜 終映21:25
エリザのために 12:55 17:15

7.15sat 7.29fri

 2週間上映 

R15+

『沈黙 −サイレンス−』公式サイトへ

原作:遠藤周作×監督:マーティン・スコセッシ
なぜ弱きわれらが苦しむのか―。戦後日本文学の金字塔が、アカデミー賞監督の手で完全映画化!

【物語】 17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる高名な師の真実を確かめるため、ポルトガルから長崎にたどり着いた弟子の宣教師ロドリゴ。彼の目に映ったのは想像を絶する現実だった。そんな中、自身も囚われの身となったロドリゴ。信仰を貫くか、棄教し信者たちの命を救うか――究極の選択を迫られる…。

【監督】マーティン・スコセッシ 【原作】遠藤周作『沈黙』

【出演】アンドリュー・ガーフィールド/アダム・ドライバー/浅野忠信/窪塚洋介/イッセー尾形/恂{晋也/小松菜奈/加瀬 亮/笈田ヨシ/リーアム・ニーソン 他

2016/アメリカ/字幕版/デジタル/2時間45分/PG12

ただ我が子のその手に希望をつなぎたかった――
これは、女性の投票権を求めて立ち上がった“名もなき花”の、真実に基づく物語。

【物語】 1912年、ロンドン。洗濯工場勤めのモードは、ごく普通の主婦だった。しかし7歳から過酷な労働に従事している彼女に、疑問が生じる。“別の生き方があるのではないか?”と。彼女は、女性参政権運動に参加していた同僚に誘われるがままに聞いたカリスマ的リーダーの演説に感銘を受ける。子供たちには自分と異なる人生を歩んでほしいとの一心で運動に身を投じて変貌してゆくが、夫はそれを許さなかった…。

【監督】サラ・ガヴロン 【脚本】アビ・モーガン

【出演】キャリー・マリガン/ヘレナ・ボナム=カーター/ベン・ウィショー/アンヌ=マリー・ダフ/メリル・ストリープ  他

2015/イギリス/字幕版/デジタル/1時間46分

『未来を花束にして』
公式サイトへ

上映時間

7月15日(土) 〜 7月29日(金)

沈黙 −サイレンス− 9:45 14:30 19:20 〜 終映22:05
未来を花束にして 12:35 17:25
※両作品、本編スタート。予告編がございませんのでご注意ください。
『沈黙』:PG12指定作品。小学生のご鑑賞は助言・指導が必要です。