• 【客席内でのお食事のご遠慮について】
     目黒シネマでは《客席内でのお食事》はご遠慮いただいております。《お食事をされるお客様はロビーをご利用ください》。ご不便をお掛け致しますが宜しくお願い申し上げます。

    【新型コロナウイルス感染予防対策のお知らせ】
     当劇場は「映画館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(令和2年9月19日版)」に沿って、感染拡大予防に努めております。  詳しくは<こちら>をご覧ください。

    【自由席再開のお知らせ】
     12月19日(土)から《座席指定》《完全入替制》をとりやめ、《自由席》《連続2本立て鑑賞》にいたします。券売機で入場券をご購入後に受付スタッフに提出、入場引換券とお取替えください。引き続き、感染防止対策へのご協力をよろしくお願い申し上げます。  詳しくは<こちら>をご覧ください。


now showing

2.20sat 2.26fri

1週間上映 

『宇宙でいちばんあかるい屋根』公式サイトへ

【物語】 14歳の女子中学生・大石つばめ(清原果耶)は、父(吉岡秀隆)と母(坂井真紀)と3人で幸せな生活を送っているように見えたが、父と、血の繋がっていない母親との間に子供ができると知り、疎外感を感じ始めていた。実母への想いや、隣に住む大学生・亨(伊藤健太郎)に密かな恋心を抱きながら、もどかしい日々を過ごすつばめ。そんな彼女にとって、通っている書道教室の屋上が唯一の憩いの場であった。そこでひとり、風を感じながら星を眺める時間は、少しの間、彼女を自由にさせてくれた。ある夜、いつものように屋上に上がったつばめは、見慣れないキックボードを見つける。なんとなく漕いでみると、突然つばめの前に、カラフルな布をまとった老女が現れる。その場を立ち去ろうとするつばめだったが、空を見上げると、老婆がキックボードに乗って空を飛んでいる。思わず立ち止まってしまったつばめに、老女は「年くったらなんだってできるようになるんだ」と言うのだった。不思議な雰囲気を漂わせるその老女・星ばあ(桃井かおり)に、つばめはふと恋の悩みを打ち明ける。口の悪い星ばあに閉口しつつも、つばめは次第に心を開き、恋の話や、家族の話をするようになっていく。お互いの心に空いた穴を埋め合うように距離を縮めていくふたり。そんなある日、つばめは亨が交通事故に遭ったことを知る……。野中ともそによる同名小説を「新聞記者」の藤井道人監督が映画化。主人公・つばめを本作が映画初主演となる清原果耶、星ばあを映画監督としても注目を集める実力派女優・桃井かおりが演じる。共演は「惡の華」の伊藤健太郎。

【監督・脚本】藤井道人
【原作】野中ともそ:(「宇宙でいちばんあかるい屋根」光文社文庫刊)
【主題歌】清原果耶:(「今とあの頃の僕ら」)

【出演】清原果耶 / 桃井かおり / 伊藤健太郎 / 吉岡秀隆 / 坂井真紀 / 水野美紀 / 山中崇 / 醍醐虎汰朗 他

2020 / 日本 / デジタル / 1時間55分

【物語】 郊外の小さな出版社に勤める28歳の小早川直実(多部未華子)は、両親の急死を受け止めきれないまま、叔父・小早川雅博(鶴見辰吾)と叔母・小早川明日子(美村里江)夫婦の計らいで大都会を見下ろすタワーマンションの高層階に住むことになる。まるで“空”に住んでいるかのような感覚をもたらすその空間で寄り添っているのは、長年の相棒、黒猫のハルだけ。職場では後輩で妊婦の木下愛子(岸井ゆきの)をはじめ、気心の知れた仲間たちに囲まれて過ごす直実だったが、それでも喪失感を抱えながら浮遊するように生きる日々。そんな彼女の前に突如として現れたのは、同じマンションに住むスター俳優・時戸森則(岩田剛典)だった。夢のような展開に戸惑いながらも、彼を部屋に招き入れる直実。時戸との出会いによって直実の生活は徐々に変化を見せ始めるが、それでも埋めようのない喪失感は消えることはなかった。彼との夢のような逢瀬に溺れながら、先の見えないことはわかっている。葛藤を乗り越えた末に直実が選ぶ自分の人生とは……。作詞家・小竹正人による同名小説を原作に、青山真治監督が多部未華子主演で映画化。共演は「愛がなんだ」の岸井ゆきの、「パラレルワールド・ラブストーリー」の美村里江、「去年の冬、きみと別れ」の岩田剛典。

【監督】青山真治
【脚本】青山真治 / 池田千尋
【原作】小竹正人:(『空に住む』(講談社))

【出演】多部未華子 / 岸井ゆきの / 美村里江 / 岩田剛典 / 鶴見辰吾 / 岩下尚史 / 煖エ洋 / 大森南朋 / 永瀬正敏 / 柄本明 他

2020 / 日本 / デジタル / 1時間58分

『空に住む』公式サイトへ

上映時間

coming soon

2.27sat 3.5fri

 1週間上映 

■■■

『mid 90s ミッドナインティーズ』公式サイトへ

【物語】 1990年代半ばのロサンゼルス。13歳のスティーヴィー(サニー・スリッチ)は兄イアン(ルーカス・ヘッジズ)、母ダブニー(キャサリン・ウォーターストン)と暮らしている。力の強い兄に全く歯が立たない小柄なスティーヴィーは、早く大きくなって彼を見返してやりたいと願っていた。ある日、街のスケートボード・ショップで店に出入りする少年たちと知り合ったスティーヴィーは、驚くほど自由でかっこいい彼らに魅了される。そして、憧れのような気持ちでそのグループに近づこうとするが……。「ウルフ・オブ・ウォールストリート」などの俳優ジョナ・ヒルが初監督を手掛けた青春ドラマ。出演は、「ルイスと不思議の時計」のサニー・スリッチ、「ファンタスティック・ビースト」シリーズのキャサリン・ウォーターストン、「ある少年の告白」のルーカス・ヘッジズ。

【監督・脚本】ジョナ・ヒル
【製作総指揮】スコット・ロバートソン / アレックス・G・スコット

【出演】サニー・スリッチ / キャサリン・ウォーターストン / ルーカス・ヘッジズ / ナケル・スミス / オーラン・プレナット / ジオ・ガリシア / ライダー・マクラフリン / アレクサ・デミー 他

2018 / アメリカ / 字幕版 / デジタル / 1時間25分 / PG−12
小学生以下のお子様が視聴する際、保護者の助言・指導が必要です。

■■■

【物語】 1991年、最愛の父の死の痛手から抜け出せないダニエル・ミドルトン(ティモシー・シャラメ)は、叔母の家で夏を過ごすため、マサチューセッツ州の東端にある海辺の小さな町ケープコッドにやってくる。夏のケープコッドには、大きく分けて二種類の人々がいる。“サマー・バード”と呼ばれる都会からバカンスを過ごすために来た金持ちの観光客と、貧乏な地元民だ。だがダニエルはそのどちらでもなかった。この町で育ったわけでもなく、富裕層の子息でもない。彼のような立場は肩身が狭く、居場所がなかった。高校を卒業したばかりで部屋に籠りっきりの息子を見かねた母親が、大学が始まる9月までの3ヶ月間、気分転換を兼ねて叔母のところに送り込んだのだ。ある日、ダニエルはハンター・ストロベリー(アレックス・ロー)という地元では有名なワルと出会う。彼は高校を退学させられ、大麻のディーラーとして稼いでいた。キレやすい性格で人を殺したという噂もあったが、孤独なダニエルと一匹狼のハンターはなぜか意気投合。ふたりで時間を過ごすうちに、ダニエルはハンターにたのみ込み、一緒に大麻を売りさばき始めるのだった。「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメ主演による青春ムービー。愛する父を亡くし、大きな喪失感を抱えたまま立ち直れない少年ダニエルが、訪れた美しい海辺の町で体験する初めての恋や、危険な仲間との友情など、1991年のきらめく一瞬の夏を綴る。共演は「イット・フォローズ」のマイカ・モンロー、「ザ・リング/リバース」のアレックス・ロー、「ミュータント・タートルズ」のウィリアム・フィクナー。監督は、本作が長編デビューとなるイライジャ・バイナム。

【監督・脚本】イライジャ・バイナム
【製作総指揮】ピーター・ファレリー / ネイサン・ケリー / ジャスミン・ダグハイジアン / ケイシー・ワイルダー・モット
【製作】ダン・フリードキン / ライアン・フリードキン / ブラッドリー・トーマス

【出演】ティモシー・シャラメ / マイカ・モンロー / アレックス・ロー / ウィリアム・フィクナー / マイア・ミッチェル / トーマス・ジェーン / エモリー・コーエン 他

2018 / アメリカ / 字幕版 / デジタル / 1時間47分 / PG−12
小学生以下のお子様が視聴する際、保護者の助言・指導が必要です。

『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』公式サイトへ

上映時間

3.6sat 3.12fri

1週間上映 

『プロメア』公式サイトへ

【物語】 30年前、突然変異で誕生した炎を操る人種<バーニッシュ>が出現し、世界が大炎上、その半分が焼失した……。そしていま、攻撃的な一部の面々が<マッドバーニッシュ>を名乗り、再び世界に襲いかかってくる。対バーニッシュ用の高機動救命消防隊バーニングレスキューの新人隊員・ガロ・ティモス(声:松山ケンイチ)は、昔ながらの“マトイ”を担ぎ、マッドバーニッシュのリーダー、リオ・フォーティア(声:早乙女太一)に立ち向かっていく。熱き魂がぶつかりあう二人のバトルの結末は……。TV『天元突破グレンラガン』を手がけた監督・今石洋之×脚本・中島かずきによるオリジナルアニメ。炎を操る人種バーニッシュが出現し、世界の半分が焼失してから30年。攻撃的な一部の面々が再び襲いかかり、高機動救命消防隊バーニングレスキューが立ち向かう。声の出演は「聖の青春」の松山ケンイチ、「BLEACH」の早乙女太一、「DESTINY 鎌倉ものがたり」の堺雅人。

【監督】今石洋之
【脚本】中島かずき
【原作】TRIGGER / 中島かずき

【出演(声)】松山ケンイチ / 早乙女太一 / 堺雅人 / ケンドーコバヤシ / 古田新太 / 佐倉綾音 / 吉野裕行 / 稲田徹 / 新谷真弓 / 小山力也 / 小清水亜美 / 楠大典 / 檜山修之 / 小西克幸 / 柚木涼香 他

2019 / 日本 / アニメーション / SF / デジタル / 2時間12分

【物語】 遥かな時間が過ぎ去った遠い未来。人類は地中深くに生存圏を見出し、そこに生きていた。時折村を襲う地震と落盤。人々の心は小さく凝り固まって何百年も息を潜めるように暮らしてきた。そんな集落の一つであるジーハ村に二人の男がいた。一人は内気な少年・シモン(声:柿原徹也)。もう一人は地上があることを信じて疑わない男・カミナ(声:小西克幸)。二人の運命は、村の天井が崩れ去ったときに大きく動き出した。崩れた天井と共に落ちてきたのは、顔が胴体の巨大なメカ・ガンメンと超電導ライフルを持った少女・ヨーコ(声:井上麻里奈)、そして空から降り注ぐ太陽の光だった。「やっぱり地上はあったんじゃねえか!」地上の存在を夢見ていたカミナの想いと共に、二人はヨーコを新たな仲間に加え、そしてシモンが掘りあてたメカ・ラガンに乗って遥かなる地上へと飛び出す! だがしかし、夢に見た地上は螺旋王が君臨し、その配下であるガンメンに乗った獣人たちが支配する世界だった。そんな絶望的な世界にカミナとシモンは挑んでいく。TVアニメーション『天元突破グレンラガン』の劇場版。GAINAXがアニメーションを制作。監督・シリーズ構成は、TVシリーズより引き続き『Re:キューティーハニー』の今石洋之×劇団☆新感線の中島かずきが担当。

【監督】今石洋之
【構成・脚本】中島かずき
【原作】中島かずき / GAINAX

【出演(声)】柿原徹也 / 小西克幸 / 井上麻里奈 / 福井裕佳梨 / 伊藤静 / 齋賀みつき / 谷山紀章 / 佐藤利奈 / 植田佳奈 / 阿澄佳奈 / 本田貴子 / 檜山修之 / 池田成志 他

2008 / 日本 / アニメーション / SF / アクション / フィルム / 1時間53分

『劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇』公式サイトへ

3.13sat 3.19fri

 1週間上映 

『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』公式サイトへ

【物語】 ハリウッドの音楽業界で頂点に君臨する歌姫グレース(トレイシー・エリス・ロス)の下っ端アシスタントとして働くマギー(ダコタ・ジョンソン)。憧れの環境で働けていることを幸運と感じながらも、音楽プロデューサーになるという夢を密かに抱き、雑用ばかりの日々を過ごしている。そんなある日、マギーは魅力的な歌声を持つデヴィッド(ケルヴィン・ハリソン・Jr)と出会う……。一方、グレースは、過去のヒット曲のリミックスではなく、新作アルバムを作りたいと常々思っていた。ところが、長年連れ添ったマネージャーのジャック(アイス・キューブ)から打診された仕事はラスベガスの長期公演。グレースは、現状の評価を失うこととなっても、アーティストとして新曲の制作にチャレンジしたいという願いを捨てきれずにいた。そんななか、マギーとグレースの夢は、周囲を巻き込みながら少しずつ動き出してゆく……。ハリウッドの音楽業界を舞台に、2人の女性がそれぞれの夢に向かう姿を追った音楽ドラマ。マギーを「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のダコタ・ジョンソン、グレースをダイアナ・ロスの娘であるトレイシー・エリス・ロスが演じる。監督は『レイトナイト 私の素敵なボス』のニーシャ・ガナトラ。

【監督】ニーシャ・ガナトラ
【脚本】フローラ・グリーソン
【製作総指揮】アレクサンドラ・ローウィ / ネイサン・ケリー

【出演】ダコタ・ジョンソン / トレイシー・エリス・ロス / ケルビン・ハリソン・ジュニア / アイス・キューブ / ビル・プルマン / ゾーイ・チャオ / エディ・イザード 他

2020 / アメリカ / 字幕版 / デジタル / 1時間54分

■■■

【物語】 成績優秀な優等生で親友同士のエイミー(ケイトリン・デヴァー)とモリー(ビーニー・フェルドスタイン)。ところが、高校の卒業前夜、遊んでばかりいたはずの同級生がハイレベルな進路を歩むことを知り、2人は自信喪失してしまう。失った時間を取り戻そうと、卒業パーティーに乗り込むことを決意するエイミーとモリー。だがそんな彼女たちに待ち受けていたのは、怒涛の一夜だった……。「リチャード・ジュエル」の女優オリヴィア・ワイルドによる監督デビュー作。出演は「ビューティフル・ボーイ」のケイトリン・デヴァー、「レディ・バード」のビーニー・フェルドスタイン。製作総指揮を「俺たち」シリーズ、「バイス」のウィル・フェレルとアダム・マッケイが担当する。

【監督】オリヴィア・ワイルド
【脚本】エミリー・ハルパーン / サラ・ハスキンズ / スサンナ・フォーゲル / ケイティ・シルバーマン
【音楽】ダン・ジ・オートメイター

【出演】ケイトリン・デヴァー / ビーニー・フェルドスタイン / ジェシカ・ウィリアムズ / リサ・クドロー / ウィル・フォーテ / ジェイソン・サダイキス / ビリー・ロード / ダイアナ・シルヴァーズ / スカイラー・ギソンド / モリー・ゴードン / ノア・ガルヴィン / オースティン・クルート / ヴィクトリア・ルエスガ / エドゥアルド・フランコ / ニコ・ヒラガ / メイソン・グッディング 他

2019 / アメリカ / 字幕版 / デジタル / 1時間42分 / PG−12
小学生以下のお子様が視聴する際、保護者の助言・指導が必要です。

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』公式サイトへ

3.27sat 4.2fri

 1週間上映 

『ジャック・ドゥミの少年期』公式サイトへ

【物語】 1939年、大西洋に面した港町ナント。8歳のジャコ(ジャックの愛称。フィリップ・マロン)は自動車修理工場を営む父(ダニエル・デュブレ)と髪結いをしている歌の好きな母(ブリジット・ド・ヴィルポワ)に見守られて幸福な日々を送っていた。母と一緒にオペレッタや人形劇を見に行くのが大好きな彼は、祖母に人形のドレスを作ってもらって自分で操り人形の小屋を作ったり、ディズニーの「白雪姫」に熱中する。彼の憧れはバレエを習っている向かいの家のレーヌ(エレーヌ・ポール)。ふたりは曲芸ショーで世界中を回ろうと約束する。第二次大戦。ドイツに占領されて、味方のアメリカ軍から猛爆を受けたナントで、ジャコ(エドゥアール・ジョボー)は暴力を憎むようになった。一方、友人から映写機と無声喜劇映画のフィルムを借りた彼はますます映画にのめり込み、中古カメラを手に入れて近所の子供を集めて短編を撮り、レーヌに出演を断られてからは屋根裏部屋にこもって人形アニメの製作に没頭する。ジャック・ドゥミー監督の映画への憧れに満ちた少年時代を、彼の代表作の名場面、死の直前のドゥミーの映像を交えて再現する。ドゥミー自身の思い出をもとに、ドゥミー夫人で「冬の旅」のアニエス・ヴァルダが脚本・監督・製作を手がけた。撮影はパトリック・ブロシェとアニエス・ゴダールとジョルジュ・ストルーヴ、音楽はジョアンナ・ブルドヴィッチが担当。

【監督・脚本・製作】アニエス・ヴァルダ
【原作】ジャック・ドゥミ

【出演】フィリップ・マロン / エドゥアール・ジョボー / ローラン・モニエ / ブリジット・ド・ヴィルポワ / ダニエル・デュブレ / ジャック・ドゥミー / クレマン・ドラローシュ / ロディ・エイヴリー / エレーヌ・ポール / マリー・シドニー・ブノワ 他

1991 / フランス / カラー&モノクロ / 字幕版 / デジタル / 2時間

【物語】 フランソワ(ジャンクロード・ドルオー)は妻テレーズ(クレール・ドルオー)、ジズー、ピエロら二人の子供と平凡で実直な生活を送っている。そんな彼にとって新しい事件が起ったのは、近くの町まで仕事で出かけ、電話をかけるために立ち寄ったときたった。受付の娘と二言三言言葉を交したが、彼はなぜか彼女に好意を感じた。二度目にあったとき、二人でお茶をのんだ。娘はエミリーといい、彼と同じ町に転勤が決り、部屋も見つけたことを話した。もう二人は愛を感じるようになっていた。彼女は彼に家庭があることも知っていたが二人は不自然さも罪悪感もなく、結ばれてしまった。というのも、彼は昔と全く同じように妻も子供たちも愛しており、愛する女性が二人できても、それは幸福以外のなにものでもないからだ。ある休日、例のようにフランソワ一家はピクニックにでかけた。そこで彼は妻にすべてを告白した。「5時から7時までのクレオ」のアニエス・ヴァルダがシナリオを書き、台詞を添え、自ら監督した日常的なドラマの中に『幸福』の正体を鋭く追求しようとしたもの。撮影はジャン・ラビエとクロード・ボーソレイユが担当、音楽はW・A・モーツァルトのものを使っている。出演はテレビスターのジャン・クロード・ドルオーその妻クレール・ドルオーは全くの素人。「ダンケルク」のマリー・フランス・ボワイエ、ほかにサンドリーヌ・ドルオー、オリヴィエ・ドルオーなど。製作は「シェルブールの雨傘」のマグ・ボダール。六五年度ルイ・デリュック賞、ベルリン映画祭審査員特別賞を受賞している。

【監督・脚本・台詞】アニエス・ヴァルダ
【製作】マグ・ボダール
【撮影】ジャン・ラビエ / クロード・ボーソレイユ
【音楽】ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト

【出演】ジャン・クロード・ドルオー / クレール・ドルオー / マリー・フランス・ボワイエ / サンドリーヌ・ドルオー / オリヴィエ・ドルオー 他

1964 / フランス / 字幕版 / デジタル / 1時間20分

『幸福 〜しあわせ〜』公式サイトへ

4.3sat 4.9fri

 1週間上映 

■■■

【物語】 小学生のころから成績はずっとオールAで、中学時代は首席となった天才的な頭脳を持つ女子高生リン(チュティモン・ジョンジャルーンスックジン)は裕福とは言えない父子家庭で育ったが、その明晰な頭脳を見込まれ、進学校に特待奨学生として転入する。新しい学校で最初に友人となったグレースを、リンはテストの最中に“ある方法”で救う。その噂を聞きつけたグレースの彼氏パットは、より高度な方法でカンニングを行い、答えと引き換えに代金をもらうというビジネスを持ちかける。リンは指の動きを暗号化する“ピアノレッスン方式”という方法を編み出す。リンの元には瞬く間に学生が殺到し、多くの生徒を高得点に導く。しかし、学校が誇るもう一人の天才で生真面目なバンクとの出会いによって波乱が起こる。リンたちは、アメリカの大学に留学するため世界各国で行われる大学統一入試・STICを舞台に最大のトリックを仕掛けようと目論み、バンクを仲間に引き入れようとするが……。高校生のカンニングをスタイリッシュに描くタイ発クライム・エンタテインメント。監督は、「Countdown」が第86回アカデミー賞外国語映画賞タイ代表に選ばれたナタウット・プーンピリヤ。出演は、モデル出身で本作が映画初出演となるチュティモン・ジョンジャルーンスックジン。2017年ニューヨーク・アジアンフィルム・フェスティバル作品賞・ライジングスター賞、2017年カナダ・ファンタジア映画祭作品賞・監督賞、2017年福岡国際映画祭観客賞受賞。

【監督】ナタウット・プーンピリヤ
【脚本】ナタウット・プーンピリヤ / タニーダ・ハンタウィーワッタナー / ワスドーン・ピヤロンナ
【プロデューサー】ジラ・マリクン / ワンリディー・ポンシティサック

【出演】チュティモン・ジョンジャルーンスックジン / チャーノン・サンティナトーンクン / イッサヤー・ホースワン / ティーラドン・スパパンピンヨー / タネート・ワラークンヌクロ 他

2017 / タイ / 字幕版 / デジタル / 2時間10分 / PG−12
小学生以下のお子様が視聴する際、保護者の助言・指導が必要です。

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』公式サイトへ