大蔵映画の歴史

会社概要

大蔵映画の歴史

弁士・映画館主・映画会社経営者として日本映画産業の発展に長年寄与してきた大藏貢が、大蔵映画の前身ラジオ映画株式会社を設立したのは1947年(昭和22年)。1954年(昭和29年)「富士映画株式会社」に社名を変更し、本格的に映画製作に進出。奇抜なアイデアで新たな境地を開き数多くの作品を発表してきました。

中でも1957年(昭和32年)に公開された「明治天皇と日露大戦争」は大藏貢による製作総指揮で、当時2000万人の観客を動員し、2001年(平成13年)に「千と千尋の神隠し」が公開されるまで観客動員の日本記録を保持していました。

1962年(昭和37年)にはピンク映画第一号と言われる「肉体の市場」を配給して大ヒットさせ、以降、R-18映画への転換を図りました。現在では、系列のOP映画にて年間40本近くの作品を製作・配給。製作数では国内一位のシェアを誇っております。
作品は封切り館「上野オークラ劇場」を始め直営4館に加え、国内約50館の劇場に配給し、さらなる市場を求めて海外進出も予定しております。

映画部門の他には、事業部門として全国にボウリング場3センター、ゴルフ練習場、バッティングセンターとスポーツ施設を展開。
また不動産部門として都内にオフィスビル・賃貸マンション、札幌に商業ビルなどがあります。

>>沿革



事業内容

採用情報