ABOUT 大蔵映画とは

大蔵映画の歴史

弁士・映画館主・映画会社経営者として、日本映画産業の長年寄与してきが大蔵貢が、大蔵映画の前身ラジオ映画株式会社を設立したのは1947年(昭和22年)。1954年(昭和29年)「富士映画株式会社」に社名を変更し、本格的に映画製作に進出。奇抜なアイデアで新たな境地を開き、数多くの作品を発表してきました。

中でも1957年(昭和32年)に後悔された「明治天皇と日露大戦争」は大蔵貢による製作総指揮で、当時2000万人の観客を動員し、2001年(平成13年)に「千と千尋の神隠し」が公開されるまで観客動員の日本記録を保持していました。

1962年(昭和37年)にはピンク映画第一号と言われる「肉体の市場」を配給して大ヒットさせ、以降R-18映画への転換を図りました。現在では系列のOP映画にて年間40本近くの作品を製作・配給。製作数では国内一のシェアを誇って居降ります。作品は封切り感「上野オークラ劇場」を始め直営4館に加え、国内約50館の劇場に配給し、さらなる市場を求めて海外進出もしております。

映画部門の他には、事業部門として,全国にボウリング場3センター、ゴルフ練習場、バッティングセンターのスポーツ施設を展開。

不動産部門として、都内にオフィスビル、賃貸マンション、札幌に商業ビルなどを所有しております。

沿革

1947年6月昭和22年 前身「ラジオ映画株式会社」設立
1954年12月昭和29年 「富士映画株式会社」に社名変更 本格的に映画製作に進出
1957年昭和29年 大藏貢製作総指揮の映画「明治天皇と日露大戦争」2000万人の観客動員記録を樹立
1958年2月昭和33年 本社世田谷区世田谷に移転
1959年1月昭和34年 世田谷撮影所(現 オークラランド)取得
1961年12月昭和36年 「大蔵映画株式会社」に社名変更
1962年8月昭和37年 系列の「金竜興業株式会社」を吸収合併 映画製作興行体制を確立
ピンク映画第一号「肉体の市場」を配給
1964年9月昭和39年 本社中央区銀座に移転
1965年7月昭和40年 系列の「大蔵観光株式会社」を吸収合併 映画の製作興行部門にボウリング場を中心とした事業部を展開
札幌・世田谷・小田原・逗子・伊東・川口・郡山・福島・飯田・新飯田・長野の11センター(当時)
1978年9月昭和53年 創業者 大藏 貢逝去
1978年10月昭和53年 大藏滿彦代表取締役社長 大藏光邦代表取締役専務 就任
1985年7月昭和60年 札幌オークラビル竣工
1985年9月昭和60年 オークラランド・ゴルフ練習場オープン
1986年6月昭和61年 新飯田オークラボウル新装オープン
1986年12月昭和61年 伊東オークラボウル新装オープン
1987年7月昭和62年 プールハウス自由が丘オープン
1993年2月平成5年 中目黒オークラビル竣工
1994年3月平成6年 荻窪駐輪場オープン
1995年12月平成7年 福島オークラボウル新装オープン
1996年6月平成8年 オークラランド駐車場オートパーキング化
2000年12月平成12年 小田原バッティングドームオープン
2002年3月平成14年 北品川アパートメント竣工
2005年1月平成17年 オークラランド住宅公園オープン
2010年8月平成22年 上野大ビル竣工
2012年2月平成24年 東日本大震災で被災した福島オークラボウルリニューアルオープン