監督:加藤義一
脚本:筆鬼 一・加藤義一
製作:加藤映像工房


巨乳狩人  幻妖の微笑

契約社員面接に合格した風子(めぐり)。趣味のフラワーアレンジ教室の友人・公代
(青木りん)は、恋人の二股が発覚すると共にリベンジポルノで脅迫を受け始める。
美麗な風子は社内外で男達からのアピールを受けるが、どれも断り続けていた。
彼女助けを求める公代…ミステリアスな風子に魅せられ堕ちてゆく男たち。
そして彼女と瓜二つの顔を持つ存在が現れ…。
STAFF & CAST
§公開劇場§
撮影監督:創 優和 編集:有馬 潜 助監督:小関裕次郎

めぐり 青木りん(新人) 工藤翔子
上野オークラ劇場
6/26−7/2
横浜光音座2
6/26−7/2







監督・脚本:関根和美
製作:関根プロダクション


桃尻娘のエッチな大冒険

父は借金で逃亡、母は取り立ての激しさに苦しみ女子大生の娘・紗彩(青山未来)に
全てを託し避難。一人暮しで自分の生活困難に陥いる彼女は、短期間で収入を得る
為に出張ヘルスに身を投じる。初めての経験に戸惑うが、意外やそれは彼女の天性
ともいうべき世界だった。店でナンバー1の先輩・愛美(緒川凛)は常連客で恋人の
男に騙される形で店を辞め、売れっ子を失い途方に暮れる社長。紗彩はやがて人気
ヘル嬢になるが…。
STAFF & CAST
§公開劇場§
撮影:下元 哲 照明:代田橋男 編集:有馬 潜 助監督:吉行良介

青山未来 緒川 凛(新人) 円城ひとみ
上野オークラ劇場
7/10−7/16
横浜光音座2
7/10−7/16







監督:渡邊元嗣/脚本:波路 遥
製作:ナベシネマ


女忍者  潮吹き忍法帖

遥か昔、確かに存在した『忍びの里』――。そこでは亡き伝説のくノ一だった母の
後継者・伊武(つぼみ)が、秘術会得の為に毎夜、師匠と夜の修行に励む。ある日、
秘められた彼女の力が暴走し、里と現代を結ぶ歪みが発生する。現代世界で青年と
出逢い、惹かれ合う。しかし、青年の父親が里を危機に晒す人物だと判明し、恋と
里を守る使命の狭間で揺れ動くのだった…。
STAFF & CAST
§公開劇場§
撮影・照明:飯岡聖英 編集:酒井正次 助監督:永井卓爾

つぼみ 横山みれい 五十嵐しのぶ
上野オークラ劇場
7/17−7/23
横浜光音座2
7/17−7/23







監督・脚本:山ア邦紀
製作:(株)旦々舎


変身人形  肢体を愛でる指先

ビルの地下に、マネキン人形と酒を飲む『マネキン・バー』がひっそりとある。
バイトのチリ(卯水咲流)は、店主が購入した“球体関節人形”に魅せられ、人と
しての常識感覚を失って行く。体温はあれど人形そのものへ変化して行く様は、
常連客たちの格好の酒肴となり、彼女に高揚と快感を与えて…。
STAFF & CAST
§公開劇場§
撮影:小山田勝治 照明:ガッツ 編集:有馬 潜
助監督:菊嶌稔章/藤井 愛

卯水咲流 逢沢るる(新人) 倖田李梨
上野オークラ劇場
7/24−7/30
横浜光音座2
7/24−7/30